診療案内

  • tel_img_sp.png

耳鼻咽喉科とは

耳鼻咽喉科とは、「みみ」「はな」「のど」と首から上の病気にかかわる診療科です。(目、脳、歯を除く)また、人間の5感のうち聴覚、味覚、嗅覚の3つの感覚を扱う診療科でもあります。風邪などを引いたとき、内科・小児科に行くべきか、それとも耳鼻咽喉科に行くべきか迷われる時があるかと思いますが、「みみ」「はな」「のど」に何かしらの症状がある時は、まずは耳鼻咽喉科にご相談いただければと思います。
たとえば、のどの痛みでも喉頭(のどの奥)の腫れがある場合は入院が必要になるときもあります。耳鼻咽喉科の利点は、病気の広がりや程度を眼で確認できることです。

尚、発熱が主症状の子供さんは小児科へ、咳がひどく胸がゼイゼイしている時などは小児科あるいは内科に行かれることをお勧めします。
クリニックですべてを治療できるわけではありませんが気になることがありましたら何でもお気軽にご相談ください。(必要があれば然るべき医療機関をご紹介させていただきます。)

こんな症状ありませんか?

以下の症状がありましたら、お早めにご来院ください。

みみ

  • 耳の中に違和感がある
  • 耳が痛い
  • 耳が痒い
  • 音が聞こえづらい
  • 今までとは聞こえ方が違う
  • 耳垢が詰まっている
  • 耳から液体が出てきた

はな

  • 鼻血が出た
  • 鼻が詰まっている
  • 鼻水が出る
  • 鼻の通りが悪い
  • 鼻の奥がムズムズする
  • 花粉症がつらい
  • 鼻の中で気になる臭いがする

のど

  • 喉が痛い
  • 声が枯れている
  • 喉に引っかかりを感じる
  • いびきがひどい
  • 痰が出る
  • 喉が腫れている
  • 飲み込めない
  • むせやすい

検査機器のご紹介

Zeiss社製手術用顕微鏡
耳の中の診察、耳垢の除去、鼓膜切開などの治療に使用します。
インピーダンスオージオメーター
聴力、鼓膜の動きなどの検査に使用します。特にお子さんの滲出中耳炎の診断に有用です。
フレンツェル眼鏡(CCD)、重心動揺計
メニエール病などのめまいの検査に使用します。
ビデオスコープ
鼻や喉を直接観察し、その様子を患者さんにもご覧いただくことができます。
携帯型終夜睡眠ポリグラフィー
睡眠時のいびきや無呼吸を自宅で検査できる機器です。
レントゲン装置
耳、鼻の診断に使用します。デジタルレントゲンのため現像待ち時間はありません。

お問い合わせはお気軽に

tel_img_pc.png
sideImg.png