風邪の治療

  • tel_img_sp.png

風邪をひいた時は耳鼻咽喉科?

耳鼻咽喉科でも風邪の治療を受けられるかというご相談をいただくことがあります。もちろん治療は可能であり、特に「みみ」「はな」「のど」のいずれかに強い症状がある時は、耳鼻咽喉科で治療を受けられることをお勧めします。耳鼻咽喉科の利点は、病気の広がりや程度を眼で確認できる点です。風邪はウイルスが鼻やのどの粘膜から体内に侵入し、鼻水、鼻づまり、のどの痛みや発熱、倦怠感を起こしたものです。中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎などの合併症も多いので、本来耳鼻咽喉科医が「かぜの専門医」といえます。耳鼻咽喉科では、薬だけでなく、鼻やのどの処置、ネブライザーなどができるので効果的です。
ただし、高熱が続いたり呼吸困難を呈してくれば肺炎などが疑われますので内科や小児科を受診してください。また、数週間続く咳は「結核」も考え内科での検査も必要です。

子供の風邪も耳鼻咽喉科?

お子さんの場合も大人と同様、「みみ」「はな」「のど」に症状が見られる場合には、まずは耳鼻咽喉科へお越しいただければと思います。当院は子供の治療を行う際、できるだけ怖がらせないよう丁寧に声掛けをするようにしています。また、キッズスペースも完備していますので、親御さんも安心してお子さんと一緒にご来院ください。

こんな症状がある時は、耳鼻咽喉科へ

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • のど喉の痛み
  • のど喉の腫れ
  • 痰の絡み
  • 声の枯れ
  • 耳の痛み

など

お問い合わせはお気軽に

tel_img_pc.png
sideImg.png